ACCESS イメージ

alto BLOG
アルトブログ

2020.08.01

マスク頭痛

みなさん こんにちわ


新型コロナウイルスと共存していくうえで、マスク着用は欠かせないものになっております。
9月に入り、猛暑から涼しい日を迎えますが、マスクをしていると蒸れて息苦しくなりついには頭痛に及ぶことがあります。

これは自身の呼気(二酸化炭素)を吸うことによる 酸欠状態になるからです。
周りの方との距離をはかりながら、一時的にマスクを30秒ほど外して深呼吸するようにしましょう。
さらに、首の前側にある頸動脈を冷やして血管に刺激を加えることも良いそうです。

また、長時間の使用で耳の後ろやこめかみに圧迫されるような痛み・違和感を訴える方もいらっしゃいます。
このようなご症状には、首、肩、頭部の筋肉を緩めることが効果的です。

頭皮にはたくさんの毛細血管が張り巡っています。
酸欠状態で十分に酸素が行き渡らなかったり、マスクの締め付けで筋肉の収縮が感じられたら、鍼やマッサージで回復しましょう。





 
当院では仰向けの施術時、スタッフがフェイスシールドを着用しますのでご安心ください。


はり・きゅう・マッサージ治療院
柳田